岩手収録の最終編が未だな上
ちょっと日が空いてしまいましたが
(^◇^;)


火曜日は大阪でのうたコンに
伺って参りまして



行かれた方に伺いますと
お江戸の本店の会場よりも
コンパクトで見やすいそうで
ございます









抽選を待つロビー
20180529_185923

お写真では人影まばらですが
抽選が始まるまでは人がビッシリ
ぎっしりとなります 




会場へのエスカレーター
20180529_185907







頂いたお席は前方
3人席のうちのひと席

お隣のお二人さまは仲良しの
奥様同士でうたコンの常連さん

今回は15時半くらいから
並んでおられたそうで

  あのね〜
番組始まるギリギリに来て
一番前やった〜って人も
居てたんよ〜

だそうで

ホンマにコレだけは
どこが当たるかわからんもんで
ございます





ご挨拶しましてイロイロと
お話を伺いますと
亜矢さんのコンサートにも
お越し下さっておりまして


お二人とも
こういう曲が大好きだそうで





もちろんCDなんかもお持ち
下さっているそうで
大いに喜んだアタクシでございます









なっがいなっが〜いひばりサンの
VTR

こんなに長いのん流すんやったら
ず〜っとVだけの番組作ったら
エエやん

と思いながら拝見しておりました


ででで
亜矢さんの
今回のお当番曲は

川の流れのように


年末特番よりも力が抜けており
まるでご自分の歌のよう

とても良かったと思います




これでお誕生日も
うたコンで済ませたので

ひばりサンの特番的なものは
今年は渋屋ではしないのかも
しれません

、、、、知らんけど








6月のひばりさん番組への
ご出演はコチラ



テレビ朝日 ひばり





  自分から干しといて
亡くなったからって知らんぷりして
しがみつくこの局の
面の厚さよな〜

  。。。。。








さてさて
コーラスで
参加して下さったのは
アタクシも良く
電車でお見かけしております

関西学院高等部


◯かんせい
✖️かんさい


あぁなんてタイムリー

余談ですが
ここの英語表記は

<KWANSEI GAKUIN>



KANSEI
ではないのでございます


さすが関西名門私立大学の附属高
と言うだけあって
終演後楽屋口でのご挨拶も
きちんとなさっておりました






今回はバルタン星人
Screenshot_20180530-141925_Google


ちゃう

シルビイ・バルタンさんも
ご一緒でございまして






この方
なんせ全く止まりませんで
(^◇^;)

時間が押しておりまして
フロアから
めっちゃめっちゃ巻きが入って
おりまして

トンボだったら
絶対目を回すくらい
フロアが腕をぐるんぐるん回しても
Screenshot_20180530-142053_Google

、、、ほったらかし









もぅね
この方全く生本番に向いてない
タイプの方で破壊力抜群


さすが自由の国
おフランスからの再来で
ございます
(^◇^;)







本番が終わりまして

BKではアトラクのある方は
しも手

無い方はかみ手へ捌けるのが通例で
ございまして





なんと

亜矢さんがしも手へ

まさかのアトラクと
大喜びでしたが
他にも捌けられた方がいて
アトラクの人数としてはど〜なん?
なことでございまして








今夜のアトラクは豪華な出演者
と言うアナウンスで

最初にお出になったのが

冬美ちゃん

次が先日ラジオで亜矢さんと
ご一緒なさった

朝花美穂サン

彼女はトライアルでの
ご出演でございました

ででで
このお嬢サンが随分と亜矢さん
亜矢さんと仰るもので

ご一緒していた方がですね

 あの子があんなに言うんやから
亜矢ちゃんが居てたら今
出てくるはずや〜

と仰って譲らず


いくら彼女がそんな事ゆ〜ても
亜矢さんが
わざわざお出になる必要はないっしょ
そもそもそんなんで出て来てたら
時間ナンボあっても足らんし


いくらそう申しあげても
お聞き入れ叶わず
(^◇^;)


会議がヒートアップしておりましたら
美穂ちゃんの歌が始まりまして

  この後やったら
もう新幹線に乗られへん!
亜矢ちゃんの出番は無いで!

そう言い切られまして


ままま
今回の良席を引き当てたこの方の
<運>に
掛けてみることに







結果玉砕











亜矢さんのアトラクを聞き終え
楽屋口にお越しになった
ベテランさまは

 豪華やってゆ〜てるねんから
亜矢ちゃんが出るに決まってるやろ?

とお話になりまして







やはりさすが紀伊国屋さま
誠に仰せの通りでございます








お見送りの際亜矢さんは
わざわざお車から降りてまでの
ご丁寧なご挨拶を下さいましたが







アタクシと致しましては
せっかくのアトラクを聞き逃し

どないしてくれんねん

と思いながら しょんぼりと
帰路についた
火曜日でございました