今回のセトリのメインディッシュ

 梅川


お芝居仕立てになっておりまして
もちろん亜矢さん

大  熱  演


なんと途中アカペラも













さてさて
思いもよらない演出と申しますのは
そのエンディング

亜矢さん演じる梅川が
会場に降りそのまま去って行く









、、、でおしまい
=終演

と言う演出でございます

おぉこれは!と
賞賛なさる方も多いことは承知して
おりますが









アタクシと致しましては
初見では生憎

う〜ん

でございまして


もちろんこれが一部の終わりで
この後休憩


それならば
納得も致しますが
これがショー全体の終わりと
なりますと

なーんとなく尻切れとんぼ感

ちょっとなぁ

と思います


やはりもう一度舞台にお立ち頂き
みなさまに明るくご挨拶

の方が全体が締まるように思います

おまけに

歌がフルコーラスとちゃいますやん
なんか抜けてますやん
何でですのん
あきませんやん
ちゃいますやん



抜けたのは二番

✳︎) たぶん

そこは確かに
言葉でご説明がございます

、、、んが


 亜矢さんの 

 亜矢さんの 

 あの亜矢さんの 

 歌の説得力
勝るものなどございません


お時間に制限のあるのは
承知しておりますが


なんせメインディッシュ

その上梅川

あの梅川

せっかくの梅川


海で一生と道を
2コーラスにしてでも
いやもう
どっちかを無しにしてでも

こちらをフルで
お願いしたかったもので
ございます



またファンにとってはお馴染みの
梅川ではございますが

全く亜矢さんをご存知ない
また
UTAGEなどを見て
お越しになっている方々には
ちょっと解説不足かも知れません

せっかく随分と若い方も会場で
お見受けするようになった今

むぞらしか

にどなたかから
簡単な解説を寄せて頂けたらと
思います








アタクシの前座席の60歳前後の
ご夫婦

最初っから熱心に
耳を傾け
聞き入っておられましたが

梅川になると

これ。。わからんな。。

お互い顔を見合わせて
残念そうに呟いておられました


、、、個人的にはもちろん
解説したかったのですが
さすがにあそこでは
(^◇^;)




お芝居仕立てが
どうこうと言うのではなく

じっくり舞台でお歌い頂けるだけで
しあわせに思う
アタクシでございます














出待ちも終わりまして
雨も一層ひどくなり

少しでも早くラクして帰りたいので
南海より
JRを選択したくなりまして

時計を見ましたら
一時間にたった一本しかない
<くろしお>に間に合っちゃうかも

いやむしろ乗りたい
絶対乗りたい

何たってこの日に限って
雨は酷いし
思ったより寒いし
おまけに台風来るし
とにかくちゃっちゃと帰りたい

お願いしましたら
有り難いことに
和歌山駅まで送って頂けまして

7時49分のくろしおに乗車すべく
駅に参りましたら

駅前は和歌山市駅とはえらい違いで
超賑やかでびっくり

おまけにあの雨の中

すんごい
ひと
ひとひとひと
ひとひとひとひと
ひとひとひとひとひと
ひとひとひとひとひとひと

ひとだらけ〜!

しーかーもー!

若いお嬢さんばっかり
(一部例外有り)



駅員さんによりますと




・和歌山ビッグホエールで

✳︎) 8500人収容

・Hey!Say!Jump!のコンサート

✳︎) たぶん超満員

それが思ったより
早く終わったようで
こんなに混んでます〜

と教えて下さいまして

自動券売機も行列

ホームは
自由席など到底座れない程の
長蛇の列

仕方なく乗車してから
泣く泣く
指定席をゲットとなりまして

ところが車両が新しく
快適さ抜群
20180929_195740


接続も良く
遅れもなく
空いていたので人酔いもせず

思ったより早くに
無事の帰宅となりました


ご一緒したみなさま
どうもありがとうございました




@@@@@@@@@


今回の関西コン
開催が和歌山だけだったので

え〜なんで〜


もう一箇所
奈良とかで有ったらええのにぃ
などと
文句タラタラでしたが

実際のところ
前日に関西のどこかで
翌日が和歌山ならば問題なく開催
出来たでしょうが

和歌山の翌日に関西のどこかで
だったとしたら

チャーミー君の影響で
すでにお昼から在来線で間引きが
始まったので

その地での開催は
きっと叶わなかったと思います

ままま
コレで良かったのでございましょう



次回はオペラシティ


まだまだ先ですが
超楽しみでございます





おまけ



関西は近松本人並びに
その作品所縁のものが数多く
存在致します

こちらはJR神戸線
尼崎駅のデッキにある
梅川像でございます




Screenshot_20181002-154242_Google

作られた経緯を読むと
ちょっと無理やりかも
(^◇^;)