平成最後の年末特番
司会者もすでに
発表されておりますのに
(^◇^;)



紅白HP



うたコンにムカッ腹を立てたり
UTAGEの放送をめっちゃ喜んだりと
誠に大人げなく
(>_<)


そちらの記事を優先したので
拙ブログはまだオペラシティで
引っ張っておりまして
誠に申し訳ございません



・かまへんで〜
時間あるからまだ付き合うたるで〜

・行かれへんかったから
どんなんやったか気になっててん


そんな読者のみなさま

よろしければお付き合い下さいませ




ではでは本日の記事は












会場の入り口には昨年同様の
注意事項
Screenshot_20181026-185715_Internet


やっぱり守れないアホも居て


確信犯に決まってるし

あんなの
ツマミ出しゃ良いのに












<音>に関してはド素人ですが
昨年のオペラシティ会場は
亜矢さんはそこにいらっしゃるのに

お声がアタクシの頭の上を飛んでって
どっか行ってしまう
Voice行方不明事件の事件現場感





でも有難いことに
今年はそんなことはなく


最っ高でございました










初日に頂いたお席は
一階向かって右ブロック後方のお席

アタクシの前列のお客さまは
揃って
オペラグラスをご利用

、、、、持ってくれば良かったかな
(^◇^;)



お客さまはいつもの会場より
少し若いお客さまが
目立っておりました

開演時間を
あと30分遅くすれば
もっと若返ったのかも知れません








アタクシの片側のお隣には
30代くらいの男性陣
もう片側には
アタクシとそう変わらない年代の
女性陣

話しやすそうな女性陣に
こんばんはとご挨拶致しまして
お話が始まりまして


 え!今日が<島津亜矢>
初体験なんですか?

 演歌ね、苦手
まるっきり受け付けなくて
たまったま
この人のホイットニー聞いて
絶対生で聴きたいって思って
だから今日はとても
楽しみにして来たんですよ

 そうでしたか!
セトリはわかりませんけど
ホイットニー
歌って下さるといいですね〜


いろんなお話をしながら
開演を待ち










スタートはレミゼの有名なナンバー

うわずったようにも聴こえた
亜矢さんの歌い出し

伴奏はパイプオルガン

パイプオルガン
パイプオルガン
パイプオルガンなー

うーんこの歌
パイプオルガンじゃない方が
良かったんじゃ?

って感じたりもしておりましたが

次がまさかの宙船
コレめっちゃ好き

完全に切り替わりまして












お水をしょっちゅう飲む亜矢さん

パイプオルガン奏者のご紹介の
タイミングが遅れちゃった亜矢さん


遠目からでも
ド緊張がヒッシヒシ







今回のセトリは実にバラエティに
富んでいて

何故選んだのか?
まではそりゃわかりませんが

あのスケジュールで
あれだけの数の英語の歌

すんごい大変だったと思います

おまけにご本人も英語習得には意欲的
もしや何かエエお話でも?

なんてふと過ったり

✳︎)個人的妄想です


なんせ普段のコンサートと違って
これ誰の歌ですか?なんて
お尋ねしなくても良いし



セトリに採用された曲が流行っていた
当時には
ヘビロテで聴いていたナンバーも多く


今回はSinger5からだけでは無く
他のアルバムにも
入っていない曲もいろいろ

超ラッキー
ほんとなんて幸運



どれもこれもDLだけでも良いので
すぐ欲しい〜っ!









ラストに近づき

MISIAとXJAPANのバラードを
二曲って仰る亜矢さん








マジかマジかマージーかー!
今カルチェラタン済んだとこやん!

ええっ!
このバラード二曲いっぺんに
持って来るってか〜!

ってなってて


アタクシのもう片側にお座りの
30代くらいの男性陣は

ぅおーっ!

揃って声をあげ

迎えたラストナンバーが
ホイットニー
今度は件の女性が
わぁ〜って喜びの声をあげ

アタクシも
何?ココでコレ?って思って
ぅ〜っわっ!って
喜びの声が出てしまい









あぁもう、、、
、、、、なんて悲惨な文章なんだ












半べそかきながら
お願いだからやめないで終わらないで
このままでいて行かないで

シチュエーション次第では
もしかして
ちょっと色っぽいかも的言葉を
心の中で呟いて







時よ止まって

このままもう一回
最初っから

そんなことを祈りながら







アンコールでは
スタンディングオベーション

もちろんアタクシも参加










最初にさっとお立ちになったのは
アタクシのお席からは
女性のようにお見受け致しました

おかげでアタクシも
即立つことが出来まして

どうもありがとうございました














アンコール曲は

 誕生

また泣いて










鳴り止まない拍手


アンコールのアンコール



戸惑っているようにも見えた
オーケストラ

もちろん目一杯拍手しながら
どうなるかな〜

亜矢さん出て来て出て来て〜っと
見守っておりましたが

初日は
アンコールのアンコールは
成らず

でございました











ピーターさんはじめ
オペラシティの会場に
お越しの方々が随分と
良く書いてくださっています

まだお読みでないみなさま

是非ぜひ〜



          


昨年は
どこのどなたかは存じませんが
アタクシのすぐ前列の方

帰らんちゃになってから
全力で亜矢さんとご一緒に
お歌いになりまして

聞かされたアタクシ
あまりの絶望感から
お願い今すぐくたばって!

、、、なんて思ったりしましたが

今年は。。。

まさかのThe Roseを
全力で歌う方が



普段のコンサートでは
ご自分が一緒に歌ってることに
気付いていない方が
少なからずいらっしゃることを
思い出し



コレお気付きでないと
ほんと厄介よな〜
お隣の方とか
何とかご指摘下さらないかしらん
と思っていたら

途中で気付いたのか
ご自身で止めて下さいまして
(^◇^;)



来年からは注意事項に
書き加えが必要かと思います




08F4224E-27E9-4B89-B7C2-533E24653B46


               


博多座のチケットは
明日から一般発売でございます

良いお席はお早めに

詳しくは



博多座 島津亜矢


プレスとのご様子
Screenshot_20181109-185957_リアルタイム

記事は




ファンファン福岡