島津亜矢ちゃん☆大好き!

島津亜矢さんの大ファンです 演歌だけではない、ボーカリストとしての彼女を1人でも多くの人に 知ってもらえたらと思い始めたブログです 日常のアレコレも綴っています ✳︎「島津亜矢さんに2020年東京五輪にて日本国を代表して国歌独唱を して頂く会本部(仮)」事務局の局長代理補佐代理のコピー取りを務めております♪ 是非多くの方のご賛同をお待ちしております♡ ✴︎本ブログは島津亜矢ご本人及び後援会とは一切関係ございません ✳︎たま〜にご不快な表現もあるかと思いますがお嫌な方はスルーでクレームはご無用に願います ✳︎<期間限定>

2015年12月




曲順の発表がありました

15番目


並べるとこんな感じ
















前後は若い方に大人気の方々

演歌勢はわりとそんな感じで
配置されてるって感想ですが
いかがでしょうか


って言うか

演歌って余韻とかも大事だと思うんですが
どーなの
どーするの
演歌はやっぱり要らないの。。

ε=ε=(;´Д`)



 




見せて

見せて

見せて


あー

みーたーいー 


image


亜矢ちゃんも
もぅ貰ったんだろうな

賢いから
全部覚えちゃうんだろうな

1人紅白でも
良いんだけどな


ドサクサに何言ってんすか!

ごーめーんー





年間特番

姫の歌唱曲目に関して拙ブログに
頂くご意見はさまざま

独楽でないことを相当お怒りの方

年末にふるさとを思いながら聴くのに
ピッタリと喜んでおられる方

意外!って仰る方

大器晩成を押す方

弱い!物足りない!と仰る方

歌謡浪曲を歌わせろと吠える方


で。。。
ざーっと他の演歌の曲目をみたところ


アタクシ的には



やっぱ要らないと思ってるのね

この番組に演歌なんて

テキトー感アリアリじゃん

選曲基準を明確にしろ


。。。。でございます


あぁ。。せめて良い演出を






@@@@@@@@@@




歌コンの反響の大きさを考えても
個人的には
ホイットニー押しでございます

徳永サンが時代でオケオケなら

姫には
地上の星やら紅灯の海やら
糸やら

みゆきねーさんなら
何でもいーんじゃね

✳︎)第二希望

いや。。あんなにお世話になった
ちーさまのメドレーでも良くない

✳︎)第四希望

いっそポップスをガッツリ聴いて頂いても
いーんじゃね

✳︎)第三希望

演歌歌手としてではなく
Singerとして出て頂くのが
いーんじゃね

✳︎)第一希望

と思うのでございます


でもねーグルグルする思考の
行き着く先は結局ココ




31日
あそこに立てることを
亜矢ちゃんが
あんなに喜んでいたことだけを
それだけを大事にして

帰らんちゃよか

精一杯応援したいと思います

それにいい曲だってことは
確かですもん

何となーく後ろに
お嬢さん方を並べ辛い歌だし




亜矢ちゃんがどんな想いで

ようやく立った14年ぶりの大舞台で

故郷の言葉が入ったこの歌を歌うのか

それを想像しただけで
もぅ泣けてくるのでございます



もぅね。。ホンマに凹むの。。

<ごめんなさい>

あれを読まなくていいこと
それ一点で
ホンマにホンマに
有り難いと思うのでございます



歌唱順はまだ発表がございませんが
2回目という数字で分けられれば
おそらく前半



思うところは大いにございます
ホント大声で言いたい


大いに

大いに

大いに











アタシ声大きくなかった?

樺太まで聞こえるかと思ったぜ


image



っていうか。。突然ですね
で。。要ります?

大きな声ってワードで
頭の引き出し探したら
最初にこれが出てきたのよ

なんの映画でしたっけ?






image




あまり日本映画は好みませんが
これは幾つかある別格の一本


どーなんすか?
大きいんですか?声

良いの?そんな事聞いて
話ソレッソレで多分主旨の違う
ブログになっちゃうわよ


いやーそりゃめんどくせぇっす(^◇^;)



大晦日この2人が
一緒に紅白見るんですよねぇ~

この頃はまだ紅白もレコ大も
ある意味権威みたいなのが
有りましたが

どこへいっちゃったんだろう

年末の大掃除の時にでも拾われましたら
渋屋本店にでもお届け下さいませ






 





ラストコンのアンコール
        

突然のスタオベ


image



あの。。それ熊が立っただけ。。

しまった!こっちやわ





image




タイミングとしては
正直


げっもうちょい後じゃね
とは思いましたが




これに乗らない手はない


もっちろーん
参加させて頂きましたん



喜んでお応えいたします

亜矢ちゃんの言葉に続いて流れてきた
アンコール曲はその前と同じく

独楽


 
亜矢ちゃん

気持ちが詰まって歌えなくなりそう

震えて小さくなって行く声


でも私が会場で聞いたのは

頑張れ

泣くな

そんな叱咤激励の言葉ではなく

口々に歌う

独楽

亜矢ちゃんと一緒に歌う独楽の合唱 



いーじゃん
歌えなくても

ずーっと泣いててもいーじゃん 


亜矢ちゃんが泣きたいなら
そこで好きなだけ
泣かせてあげればいーじゃん


そもそもがそっち派なので



あの日のあの男前の応援の
ヒマワリのように
寄り添って一緒に歌うことに

感動 




あの日のあの時間を
亜矢ちゃん
そして大勢のみなさまと共有できて
とても幸せでございました

 

↑このページのトップヘ